スポンサードリンク

2013年09月14日

うつ病 症状・チェック

うつ病は、めずらしい病気ではなく、心が疲れたときは誰でもかかる可能性がある病気です。

最近は、誰もが複数のストレスを持っていてうまく管理できず、ため込んでいる人が増えているため、うつ病と全く無関係とはいえません。

難病でも不治の病でもないので、諦めることはありません。

適切な治療を受ければ、うつ病は必ず治ります。


うつ病の症状


〇精神症状

・悲観的
・絶望的思い
・集中力の低下、決断困難
・意欲減退
・憂うつ感
・強い罪責感
・自尊心の低下
・気力の低下、疲労
・仕事を能率よくできない
・人に会いたくない、人と一緒にいたくない
・自殺への思い
・考えがまとまらない
・思考力や集中力の低下

など。


〇身体症状

・睡眠障害

・食欲低下、過食

・性欲減退

・痩せて体重が落ちる

頭痛、めまい

・集中力が出ない

・精神運動の障害(強い焦燥感・運動の制止)

・胃部不快感

便秘

・息苦しい

・動悸がする

・口が渇く

・首、肩のこり

・背中や腰などからだの痛み

・手足のしびれ感

・嫌な汗や寝汗が出る

・排尿困難

・女性では月経不順

など。



うつ病になりやすい人

・まじめで仕事熱心(働き者)

・能力がある

・完全主義で几帳面

・責任感の強い人(仕事や家事を人任せにできない)

・計画的な人

・融通がきかない(思考が柔軟性に乏しい)

・人にどう見られているか非常に気になる


家族がうつ病に気づくときのサイン

・遅刻、早退、欠勤(欠席)が増える。

・食欲がなくなる。

・口数が少なくなる。

・だるそうにしている。

・朝方や休日明けに調子が悪そう。

・好きなことにも興味を示さない。

・急にやる気がなく、ずぼらになったように見える。



次のようなタイプはうつ病と気づきにくいので注意が必要です。

・性格的なものだとされてしまうケース。

・体の症状が前面に出てうつのようにみえないタイプ。

・イライラが強く出るタイプ。

・本人自身が気をつかって、まわりの人に気づかれないようにしている場合。


| うつ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。