スポンサードリンク

2013年09月12日

うつ病 頭痛

ウツ病頭痛とは、ウツ病を患っている方が緊張型頭痛に似た症状の頭痛を起こしてしまうことをいいます。

うつ病頭痛の場合、頭痛以外に食欲不振、不眠、肩こり、腰痛など、さまざまな症状が現れることがあります。

病院に行って血液検査やCT(コンピューター断層撮影法)などの検査をしても異常はなく、原因不明の頭痛に悩まされている人の一部は、
うつ病頭痛の可能性があるようです。

厄介なのは、うつ病頭痛の人は自分がうつ病だと認識していないケースが多いことです。

うつ病頭痛の可能性がある場合は、やはり心療内科や神経科で診断してもらいましょう。



うつ病による頭痛の症状

・朝方最もひどく、夕方に軽快になる

・興味、関心、意欲の低下

・鎮痛剤が効かない

・食欲不振

・抑うつ気分(憂うつなつらい気分)

・睡眠障害(早く目が覚める、あまり寝た気がしない)

・頭全体に、不快感を伴う痛みが、1日中持続したり、何日も続く特徴がある。

 

抗うつ薬で治療

うつ病による頭痛には鎮痛剤が効かないので、まずうつ病そのものを治す必要があります。

うつ病治療には、良い抗うつ薬がどんどん開発されているので、医師に相談することが大切です。


| うつ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。